忍者ブログ
ブラウザゲーム Postman の非公式ファンブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/22 (Tue)
今日はポストマンのはつしごと!をしました。
だいぶんとおいところに歩いて行きました。
はじめてで、こんなにくたびれるしますのことは、ひどいなあと思いました。
だってほんとうにとおかったのです。
昨日お預かりしたお届けものが今日になるぐらい、です。
それとも わたしのおうちがはしっこすぎたのかな?

美味しそうな匂いのする、せんべいやさんに絵葉書をお届けしました。
きれいなお嬢さんでした!うっとり、…
よろこんでくれたかしら。

わたしはちょうしに乗って、もう一通お仕事をしました。
わりとちかちかしいところだったので、すぐに届けることができました。
マリアさんとゆうきれいな女の人のところに、
キカイの時計をお届けしましたよ。
きれいな女性がたくさんで、わたしは跳び跳ねたいしょぞんです。 
わたしの せなかに 羽があったらなあ!

もう一通、お仕事をしようとしたら、
一日一通までしか受けられないよ、とポスト君に怒られました。
知りませんでした。もっと大事に仕事をしなくっちゃあ。

まだ元気がありあまっていましたので、サンサクすることにしました。
おうちから見て西のほうに遊びに行きましたら、
絵の具の香りがするので、
きっとすばらしい画家さまがおられると思って顔を出しました。
村人たちが描く、枝でじめんをひっかくやりかたの絵もわたしは大好きですが、
わたしにはそれがなかなかむずかしいのです。
だから、絵の具を使うやりかたはスゴイ!と思うのです。
国の言葉で、「えれぇこと」、わたしたちの言葉で「    」です。
ところが、そこにいらっしゃったのは、
地面をひっかくやりかたしか知らない村人の子供たちとあまりかわらない、
めんこい かわいらしい方でした。
わたしは人間の年がよくガイケンから判断できなくていつも困らせてしまうので、
その子は子供ではないのかもしれません。

また絵を見に行きたいなと思います。
彼の描く絵はなんだか生きているみたいに見えるのです。
PR
4月13日

ポストマンしけんを受けました。
家もないのに、『家にかえる』を何回もしました。
やっと取れたら、C級です。
いっぱつで取れたらS級だったのかな。

お家を立てることにしました。
わたしは あついのが苦手なので、雪が降っているところにしました。
わたしの おうち!
山にいたときは、いわやまのてっぺんの横穴に住んでいたけれど
たまに里に下りて、招いてくれた村人たちの暖かいお家におじゃましたとき、
なんとあたたかいんだろうなと思って、とてもあこがれていました。
ベッドにはまだ眠れないけれど(試したらベッドが焦げてしまったよ。)、
頑張って自分なりのおうちを つくりたいなあと 思います。

人間のすがたをするのは 好きです。
羽ペンを持つことができるから。
人間のきような指先がわたしはとても うらやましいのです!
だから、月と雪をみれるおまどをつくって、そこのおむかいに手紙を書くための机をおくのです。


今日はそれから、沢山のひとを見ました。
全部、覚え切れているか不安だから、書きませんけれども、
見ているだけでうきうきするようなひとたちがここには沢山いますのですね。

明日はちゃんと お手紙届けられるといいです。
ホノのこと。


かつて、田舎の山の中、炭鉱でほそぼそと暮らしている村がありました。
炭鉱にはドラゴンが住んでおり、村人と仲良く暮らしておりました。
それがホノです。
ところが、あるときから炭鉱から鉱物、石炭などが取れなくなってしまいました。
村人たちは次々にその村を後にし、ホノだけがその山に残りました。
元々さびしがりやのホノは、人との交流を求めて里に降り、ポストマンとなったのでした。

Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]